口腔外科・根管治療

口腔外科とは?

口腔外科とは?

口腔外科とは、お口の中だけでなくその周辺の組織(顎・舌・唇・頬など)も対象としている診療科目です。また、治療できる症例も広く、外傷や炎症、痛み、できものなどにも対応しています。おおね歯科クリニックは口腔外科治療で、患者様のお口全体のお悩みを解決します。

当クリニックの口腔外科治療

親知らずなどの抜歯

親知らずをはじめとした、施術が困難な歯の抜歯を行います。親知らずを放置すると歯周病や口臭の原因になるため、早めの治療が大切です。
親知らずの抜歯は「気付いたら抜けていた」という感想という患者様も多いので、痛みがひどくなる前にご相談ください。

顎関節症の治療

顎関節症の治療

口を開けると顎がカクカク鳴る、口を大きく開けられない、顎を動かすと痛む、といった症状がある場合、顎関節症の疑いがあります。当クリニックでは顎の関節の位置を調整して対応しています。多くの患者様にご満足いただいておりますのでお悩みの方はぜひご相談ください。

根管治療について

根管治療について

重度の虫歯になると、歯の神経が死んで歯根にまで感染が拡大してしまいます。根管治療は、このような状況になってしまった際の治療法です。

まず、歯の神経が入っていた管(根管)を洗浄し、その中に隙間なく薬剤を詰めて、被せものを装着します。根管治療をせずに放置すると、抜歯以外に方法がなくなってしまいます。自分自身の歯をできる限り残すためにも、当クリニックでは安易に抜歯せず根管治療をおすすめしています。

歯根端切除術について

根管治療は非常に難易度が高く、処置をしても炎症が再発することが多々あります。根管治療を繰り返しても症状が改善しない場合には、当院では歯根端切除術を行います。これは、症状再発の原因となる歯根の先端を、外科手術で切除するものです。この処置を行うことで、抜歯せずに歯を残すことができます。