医療費控除について

医療費控除を知っていますか?

医療費控除とは、自分自身や家計が同じ家族に年間10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の所得控除を受けられる制度です。控除を受けた金額に応じて、所得税が軽減されることになります。

歯科治療は、場合によっては高額の費用がかかります。できるだけ費用を抑えるためにも、医療費控除を有効活用しましょう。

控除対象となる金額

下記の計算で出た金額に所得税率を掛けた額が還付されます。

実際に支払った医療費の合計額-保険金などで補てんされる金額(※1)=A A-10万円(※2)=医療費控除額(最高200万円)

※1 入院費給付金や療養費・出産育児一時金など
※2 その年の所得金額の合計が200万円未満の場合、その5%

手続きに必要なもの

医療費控除の申請時には、以下のものが必要になります。

  • 印鑑
  • 源泉徴収票(給与所得者)
  • 家族の1年分の医療費の領収書
  • 交通費のメモ(氏名、理由、日付、交通機関)

こんな費用が控除対象になります

自費診療

見た目を整えるために行うような治療は医療費控除の対象にはなりません。しかし、インプラント治療や、金・セラミックを使った治療などは控除対象です。

矯正

治療が必要だと認められる症状である場合、控除対象になります。見た目を整えることが目的の場合は対象外になります。

交通費

公共交通機関を利用した場合のみ対象になります。お子様に付き添いが必要な場合は付き添い人の交通費も控除対象です。

医療費控除に関する詳しい情報はこちら